HOME | 10425 |

JT親愛貯蓄銀行がボランティア活動として
「とても暖かいクリスマス真心ボックス」を贈呈

 当社グループのJT親愛貯蓄銀行株式会社がボランティア活動を行い、同社の役職員から寄せられた寄付金により、
支援を必要とする児童や、高齢者の方々へ暖かい冬を過ごしていただけるよう防寒用品や食料品、
冬用衣類やマスクを同梱した「とても暖かいクリスマス真心ボックス」を贈呈しました。

 

<写真は(左から三番目まで) メファ総合社会福祉会館館長のチェ・ボクラン氏、クンポ市長のハン・デヒ氏、JT親愛貯蓄銀行代表のパク・ユンホ氏。>

 

■ 「社会貢献有功表彰状」を受賞                         
 本活動は、地域の児童に文化活動の機会を提供する目的として2015年より毎年冬季に行っており、
2019年からは、京畿道クンポ市所在のメファ総合社会福祉館と協力し、地域社会に寄り添った支援
を行うことに貢献しています。これまで着実に行ってきた社会貢献活動の功績を認められ、
JT親愛貯蓄銀行は、クンポ市庁より「社会貢献有功表彰状」を受賞しました。

 

■ JT親愛貯蓄銀行からのコメント                         
今回の取り組みは、役職員の自発的な参加により、支援を必要とする児童や、地域のお年寄りの方々に
暖かい気持ちを届けることを目的として企画しました。この真剣な取り組みを認められ、
受賞するまでに至り、本活動がより一層意味深いものであると考えております。
今後もJT親愛貯蓄銀行は、地域社会と共存・共栄できるよう様々な取り組みを行ってまいります。

 

以上